カテゴリー別アーカイブ: 商店会連合会

100円笑店街の勉強会の視察の道中

7月19日に100円笑店街の勉強会を開催されました。

齋藤一成氏と事務局とで松原市内の商店会(街)の視察に向かいました。道中では松原市内の商店街での開催について話ながら車で視察を行った。視察時間は一商店街数分の視察だった。道路幅やアクセスを中心に視察を行っておられました。商店街を視察するポイントを聞きました。齋藤氏の答えは商店街の商店の集積率のみをみているとのことでした。道幅など交通条件は気にしていないとのことでした。最初は聞かれて答えたがそこまで重視するポイントではないのかと思いました。

松原市内の商店街で不可能なところはないとのことでした。齋藤氏いわく100円商店街の開催をして一番ばけるのは天美西商店会とのことでした。理由は商店の集積率とのことでした。

視察の道中は松原市内の商店会の現状と交通事情について話をしました.商店会の印象は思っていたよりは良かったとのことでした。交通事情は自転車が多い、道が狭いですねとのことでした。交通事情に不利な面があるので支障があるかも聞きました。それは自主規制などで対応できるとのことでした。

100円商店街はアイデア勝負の部分が多いとのことでした。商店街としてアイデアを出して盛り上げることが成功の鍵です。ことでした。

商店街を外部の方に案内するのは初めての経験であったので緊張しました。うまく伝わったかは?ではあります。うまくいったとは思います。

追伸 更新が遅れて申し訳ないです。

100円笑店街 勉強会

本日19:30より松原商工会議所で 『100円笑店街 勉強会』 が行われました。
講師は、山形県新庄市 NPO法人ANP 理事長 齋藤一成 氏
遠路はるばるありがとうございました。

平成25年1月の100円商店街実施に向けて、最初の勉強会が始まりました。
松原駅前商店会は、通行人は多くいますが、商店街でお買い物となれば人数は減少してると感じます。 金融機関と医療機関とを含めた90%以上の会員参加を目指して100円商店街を実施するとなると、多くの時間とパワーが必要になると思います。 しかし人口減少、客数減少、収入減少に伴う、消費停滞の現実を何とか上向き~現状維持に持ち直さないといけません。 1店舗ではすぐに限界が来ますので、多店舗での実施が望まれるのは言うまでもありません。 そして、先生の話を聞いて、100円商店街なら何とか開催できそうな気がしました。

半年かけてなんとな実施できるように、知恵と力を注ぎたいと思います。

大阪府商店街連合会50周年記念表彰

大阪府商店街連合会50周年記念の表彰が6月20日(水)にありました。7月7日(土)の七夕の日に賞状と記念品が届きました。賞状と記念品を式典を欠席された被表彰者の方に本日遅くなりましたがお持ちしました。松原市商店会連合会から7名表彰されました。遅くなりましたがおめでとうございます。

関連サイト ; 大阪府府議会